憲法A レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数173
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法学原論の期末課題。A判定獲得

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学原論
    安全と自由――立川反戦ビラ事件から
     私は早稲田大学が好きだ。皮肉でもなんでもなく、ビラでぐちゃぐちゃの掲示板や、宗教の香り
    のするゴスペル発表会の勧誘の人、自治会の看板、拡声器でアジる革マルらしき人を見ているの
    が大好きだ。「自由にやってんなー」「こんなことしてもいいんだ」とニンマリする。まぁ、自分にすご
    いトラブルがない限りの野次馬的感情ではあるのだけれど。
     そんな私にとって、ビラ配りで人が逮捕されたこと、そして良心の囚人が日本から出たことは大き
    なニュースだった。そういえば、地元の友人に早稲田大学の自治会の話をしたら、物騒だと怖がら
    れた。やら宗教やらのは物騒なのだろうか。立川反戦ビラ事件をすることで、
    の自由と安全にててい。
    事のあらまし
     
    2004

    2
    月、立川イラク反戦ビラをていたのバー
    3
    逮捕された。逮捕された、大、大はともに「立川自
    テントというのバーであった。「立川自テントは、ナム
    戦る
    1972
    立川自にポートにする
    に立てられた。やビラ配り、どをて自やに反戦を続けてきた

    もは立川して、「イラクにな、な、れるな」な
    どれたビラをの受けにしてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。