学校経営と学校図書館

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数252
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定獲得の期末課題

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自由論題
    学校図書館の自由
    資料収集の自由 資料提供の自由 知る自由 ニューアーク式 ブラウン式 プライバシー 表
    現の自由
    はじめに
     学校図書館は学校職員や児童生徒のためにあるということに疑問を持つ人はいないだろう。学
    校図書館法にもそう書いてある。しかし、このことを以って学校図書館の存在意義を語るのはまだ
    不十分だ。『図書館の自由に関する宣言』は、憲法に悖る「知る自由」と「表現の自由」を全国民
    (と外国人)に保障することを図書館の最も重要な任務として謳っている。図書館は、国民主権の
    民主主義国家の根幹を支える役割を担っているというわけである。従って、「図書館は、権力の介
    入または社会的圧力に左右されることなく、自らのにもと、図書館をむ
    図書館のをあげて、収集した資料とされたを国民のに供するものである。
    1
    」と
    られている、図書館の自由を保障するる。ところをと
    図書館の力はして、のにてしまったことったし、も図書館の自由が
    権力や社会的な圧力によってされたこともあった。学校図書館もではなく、図書館
    の自由をられたった。また、問題になっているプライバシーに関するも

    図書館と権力の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。