世界地誌2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数222
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定の期末レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    孤独のウィグル自治区
     中国の躍進がめざましい。
    GDP
    世界ランキングで
    2010
    年、日本は世界2位の地位を中国にあ
    けわたすことになった
    1
    。一方で、繁栄の内側に深刻な格差や多数の少数民族の独立運動がある

    チベット、ウイグル、内モンゴル、回族、チワン族などの自治区・少数民族は微妙な立場に立たさ
    れており、漢民族との軋轢がある。今回は、個人的に愛してやまないウイグル自治区について、旅
    行の体験と中央アジアからの視点を持って中国政府の政策とウイグルの置かれている状況につい
    て考察したい。
    ウイグル自治区とは
     中華人民共和国の西端にある自治区で、中国国土の約六分の一の面積を占める。タクラマカン
    を中央かかえ、ウイグル族、漢族、キルギス族、カザフ族、タジク族などが。約
    を占めるウイグル族はイスラムで、中央アジアテクのウイグル。的
    には中国といり央アジアに。 漢族およな少数民族の分布
    2

     はシルクロがており、で栄えた。キジル、クズル


    など
    が残っており、なともなっている。、ウイグルが建
    つが、そのンゴル、ジ、、中華民国とのにあった。
    1933
    年、東
    トルキスタン・イ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。