読書と豊かな人間性 中間レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数263
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定獲得の中間レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    読書と豊かな人間性
     
    レポ-ト#1・課題
    学校での読書と学校図書館
    /
    理想とする学校図書館と取り組み
    その1.学校での読書と図書館の利用
    自分自身の小・中・高校の時の経験を振り返り、なるべく具体的に書いて下さい。
    学校の読書活動
     小学校では読書マラソンがあり、期間中は貸出カードとは別のすごろくのようなカードが配られ、
    読んだ冊数分を塗りつぶし、成績の優秀な人は表彰された。教室の後ろには学級文庫があった。
    中・高では特にそういった活動はなかったが、小中高を通して読書感想文は夏休みの宿題となっ
    ており、
    本が嫌いな人も少なくとも1冊は読むように配慮されていた。また、総合学習の一環で調べ学習
    を課され、その際に全員が図書館を利用していた。
    学校図書館
     小中高ともに図書室の立地は校舎の最上階の隅であり、全校生徒が使いやすいではな
    かった。小学校の図書館にはやにあり、しタゴォル
    などのとなるようなではなくてもされていた。中学校の図書館にも
    全あった。高校の図書館にははなかったがライトルはあったと。そうしたを除
    けどの学校図書館もの学校図書館だったと。貸出は小学校だけカード式
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。