酵素の反応速度論- ミカエリス・メンテン

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数1,356
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「 ミカエリス・メンテンの 式を 実 習を 通して理 解 する」 ことがこの 実 験 の目 的 である。
    に お け る 吸 光 度 を 測 定 す る 。 そ の 値 か ら 分 解 さ れ た 基 質 の 量 を 計 算 し 、基 質 の 種 々
    酵素(E)としてタンパク質分解酵素であるトリプシン、基質(S)として BAPA
    (Benzoyl-L-arginie p-nitroanilide)を用いて酵素反応を行い、反応後の 410nm
    の濃度における酵素反応の初速度(mol/min)を求める。その結果を基に、基質
    初濃度と反応初速度のグラフを作成する。さらに、Lineweaber-Burk プロットを作
    成し、酵素の反応速度論的考察を行う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    酵素の反応速度論的考察
    目的
    機器・器具
    試薬
    実験操作
    「ミカエリス・メンテンの式を実習を通して理解する」ことがこの実験の目的である。
     酵素(E)としてタンパク質分解酵素であるトリプシン、基質(S)として BAPA
    (Benzoyl-L-arginie p-nitroanilide)を用いて酵素反応を行い、反応後の 410nm
    における吸光度を測定する。その値から分解された基質の量を計算し、基質の種々
    の濃度における酵素反応の初速度(mol/min)を求める。その結果を基に、基質
    初濃度と反応初速度のグラフを作成する。さらに、Lineweaber-Burk プロットを作
    成し、酵素の反応速度論的考察を行う。
    分光光度計 PD-303、小試験管(11 本)、試験管立て、マイクロピペット、メスピペッ
    ト、試薬調剤用シート
    Stock Solution
    (1)0.5M Tris-HCl, pH8.0
    (2)1mM HCl-CaCl2 :1mM HCl containing 2mM CaCl2
    Working Solution
    (3)~ (4)は試薬調整用シート参照
    (5)0.1M T..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。