近大通信【刑法各論①】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数261
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートは、「近大通信」の使用期間「平成27年4月1日~平成29年3月31日」のレポート設題集に基づき提出し合格したものです。レポートの内容は、私に著作権がありますので、皆さんがレポートを作成される際の参考資料として下さい。また、添削される先生方も、他人のレポートの剽窃・盗用を許さないと考えますので、ご注意願います。(公開2016年12月)

    【刑法各論①の設題】
    刑法典「第二編 罪」に定められた各規定の中で、同一の語句が異なって解釈される場合がある。
    適宜事例を挙げて、その理由を説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2018 刑法各論①['15-'16]のレポートについて、「レポートの作成の留意点」についての解説と、「合格レポート」を公開します。これらを参照の上、レポートを作成して下さい。文末に、本科目の「WEB試験の傾向と対策」をまとめました。WEB試験の受験時の参考にして下さい。
    【レポート作成の留意点】
    設題解答は、「刑法規定で、同一の語句が異なって解釈される場合」について、「適宜事例を挙げて、その理由を説明」することが求められます。また、当該の事例としては、2種類以上の語句について記述することが望ましいと考えられます。したがって、刑法各論の「参考書」等をよく読んで、設題の当該語句について把握し、異なって解釈される理由を自分の言葉でまとめて下さい。教科書のみでは、無理です。
    設題解答では、構成の立て方(章立て)を検討し、論文形式で書いて下さい。具体的には、下記のレポートを参照して、自分なりの文章でまとめて下さい。なお、本レポートの作成に当たっては、結構、様々な注意がされていますので、その点についても留意して作成して下さい。
    参考レポートは、このまま丸写しで提出すると、添削者において「不合格」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。