学校教育職入門  試験過去問6問+解答例【佛教大学】 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数625
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育職入門 【佛教大学】の科目最終試験の過去問と解答例です。ほぼテキストの内容で記述してあります。出力して勉強しやすいように、エクセルファイルにてページ毎に1問づつ纏めました。試験対策の勉強にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①いじめや不登校といった現代社会の教育的諸問題に対処していくためには、教師にはどのような資質や適性が強く求められるのか具体的に述べよ。
    学校を取り巻く教育環境が悪化し、いじめや不登校が社会問題としても取り上げられるようになった今日、教員の誰もがもいじめに対処し、不登校生徒と接する状況にある。
    いじめや不登校といった教育諸問題への対応において教員に求められる資質は、
    ①生徒の心理理解を柔軟に行い(カウンセリングマインドを持つ)、臨機応変に問題解決に当たることが出来る。
    ②問題解決を周囲の人間と連携して行うことが出来る。
    の2点である。
    ①の理由は、今日の教育諸問題は発生の状況や要因が多様化しており、固定化された心理理解と対処方法では問題の解決に至らないからである。
    いじめや不登校といった問題は生徒のそれまでの生育暦や他の生徒との関係、教員との関係、家庭環境など様々な要因が複雑に絡んでおり、初動として類型的な見方をして対処することは仕方が無いが、その見方だけでは問題の把握を誤る危険がある。
    生徒を理解し人格の成長を助けるという意識を持ち、問題に一点一様で取り組む姿勢が必要で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。