教育原論1_設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数139
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     “ハヴィガーストの発達課題について述べよ。”
    人間は決して出来上がった人間として生まれる訳ではなく、子供は教育により初めて人間となる。教育は人間が人間として発達するための条件であり、子供の健全な発達は社会の基盤となり秩序の形成に繋がる。人間の成長過程における発達は、順序と連続性があり、止まることのない、一定の型や規則に基づく変化であるが、その過程は画一的ではなく、いくつかの性質の異なった段階に分類できる。発達が進行する中で確認できる顕著な特徴を基準とし、その過程をいくつかの段階に分類したものを発達段階という。発達の各段階は、他の段階と質的に明確に区別できる特性を持っており、各段階は一旦その段階に発達すると逆戻りすることはなく、特別に病的な状態を除いて、不可逆的なものである。それぞれの発達段階において獲得及び達成されることが相応しいとされる課題を発達課題という。アメリカの教育学者であるハヴィガーストは、各年齢群における発達課題を示し、発達と年齢との結びつきを考え、教育の適時性を指摘している。彼は、「人間が健全で幸福な発達を遂げるために各発達段階で達成しておくことが望ましい課題があり、次..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。