教育相談の研究(中・高)_設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数240
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     “学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。”
    カウンセリングとは、悩みの内容をよく知り、その悩みの生じた原因を明らかにし、その原因を取り除くことである。古くは西洋において、牧師などが人々の家庭や日常生活での悩みを聞いたり相談したりすることを意味し、それがカウンセリングの原点である。現在でも、広義のカウンセリングとしては、話を聞いて相談を受けたり助言を行って悩みを解消し、人格の統合を働きかけるといった行為を含んでおり、カウンセリングという概念の行為は、広く日常生活において専門家以外にも行われていると言える。狭義のカウンセリングは、単なる素質や経験だけでは対応できない一定の知識や技術を要求されるものであり、治療的な要素が大きい。心理的に深い悩みを持つ患者に対しては、専門家によるカウンセリングやサイコセラピーといった治療が必要である。カウンセリングはその性格によって、治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングに分類される。治療的カウンセリングは、主に神経症の患者に対して行われる、専門家によるカウンセリング..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。