教育社会学_設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数137
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    “学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。”
    社会における職業的・社会的地位などの配分の基準として学歴に重点が置かれている社会を学歴社会という。現代社会は、技術の先進化・情報化・国際化、また経済の肥大化に伴って、国家は複雑な社会問題を数多く抱えているが、教育の充実も先進国・発展途上国を問わず重要課題の一つと捉えられている。学歴社会という言葉は、単に教育を重視する社会を表してはいない。教育を重視する社会を学歴社会と呼ぶなら、世界のほとんどの国が学歴社会であり、教育を重視するという意味の枠を超えた社会的背景や、何より国民の意識下における影響力が、学歴社会には存在している。日本では、学歴社会とはある人間が持っている本質的な能力や資質を考慮せず、テストの為の勉強が出来るかどうかでその人間を評価する社会であるという側面がクローズアップされ、様々な批判を受けたり、いいイメージを持って語られないことが多い。学歴社会とよく混同して使われる言葉に高学歴社会がある。高学歴社会とは、単純に高学歴者の多い社会を意味する言葉である。具体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。