日大通信-簿記論Ⅰ分冊2合格レポート-特殊商品売買

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数502
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    特殊商品売買取引に関して、各取引を仕訳例を示しながら体系的に説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特殊商品売買取引について通常の商品売買取引との違いを確認した後、未達商品売買、先物商品売買、予約販売、商品券・ギフト券販売、委託・受託販売の特徴よりグループに分類し、各取引を仕分け、最後にこれらを通して特殊商品売買取引の内容を体系的に捉え、まとめていきたい。なお、仕分例は巻末に資料として添付する事とする。
     はじめに、特殊商品売買とは売買契約が通常の取引契約と異なる取引の事である。例えば、通常の取引契約は、商品を販売した日に売り上げを計上し、収益を認識するのに対し、
    特殊商品売買の収益認識基準はこれと異なる。契約形態を商品引渡の点より分類すると次の5つのグループに分類する事が可能である「1商品引渡前に契約が行われる取引。例、未着商品売買取引、先物商品販売。2商品引渡前に対価が支払われる取引。例、予約販売、商品券・ギフト券販売、通信販売(3,4に属するときもある)、委託買付。3商品引渡と同時に売買記録をする取引。例、委託販売(例外として、売上計算書の到着時)、割賦販売(例外として、現金回収、または期限到来時)、クレジット販売。4商品引渡後に売買記録をする取引。例、試用販売(得意先が意思表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。