明星大学通信教育 PE2060 法律学概論1(国際法を含む)2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数356
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 PE2060 法律学概論1(国際法を含む) 2単位目 合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 法律学概論1(国際法を含む)2単位目レポート参考文献 『現代法学入門 第四版』伊藤正己・加藤一郎編(有斐閣) 配本 2011年度~    『憲法 第5版』芦部信喜 高橋和之補訂(岩波書店)    『憲法入門』4版補訂版 伊藤正己(有斐閣)課題 日本国憲法における基本的人権の保障について論じなさい。
    日本国憲法は、11条で、「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない」ことと、「基本的人権は侵すことのできない永久の権利として、現在および将来の国民に与へられる」ことを定めている。これは基本的人権が、人間として生まれながらに当然有する権利として国民に与えられたものであり、法律によっても侵すことのできない権利として絶対的に保証されるという考えを示したものである。しかし、永久不可侵だからといって人権が無制限だという意味ではない。人権も社会に存在する以上、社会との関係を無視することはできない。人権を行使することで他人の人権を侵害してしまうようなときには制約されることがあるのは当然である。憲法では、各人権に「公共の福祉」による制約が存する旨を一般的に定めている。12条で、国民は基本的人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。