明星大学通信教育 法律学概論1(国際法を含む)1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数385
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学 通信教育 PE2060 法律学概論1(国際法を含む) 1単位目 合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 法律学概論1(国際法を含む)1単位目参考文献 『現代法学入門 第四版』伊藤正巳・加藤一郎編(有斐閣) 配本 2011年度~課題 日本国憲法76条第3項は「すべての裁判官はその良心に従い独立してその職権を行ひ、この憲法および法律にのみ拘束される」と規定するが、裁判官が「憲法および法律」に判断の根拠を求められない場合には何を基準に判断を行えばよいのかについて論じなさい。 教科書には裁判官の判断の仕方について、概念法学の考え方と自由法学の考え方の説明がある。概念法学の考え方とは、法は全体として完結性をもち、事実に対して法規を適用すればおのずから結論がでてくるとするものである。結論がその事件に妥当であるかどうかは顧慮されず、裁判官は法を形式的に三段論法によって適用する自動機械のようであるべきとされる。これに対し、自由法学の考え方は、法規からの機械的な演繹を排し具体的な社会事実のなかから自由にかつ科学的に法を発見すべきとするものである。結論の具体的妥当性を重んじ、裁判官の法創造的作用が強調される。
     実際の裁判官の判断の過程は、自由法学の考えに近い。まず事件の具体的事実関係のなかからそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。