社会福祉士に求められる資質について述べよ(レポ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数278
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉士に求められる資質について述べよ。」
     相談援助の面接は、ソーシャルワーカーとクライエント双方が合意している目的を持つ。その目的とは、何らかの課題や機能の達成のために必要な情報を得ること、クライエントのニーズの充足や問題解決に向けての共同作業を行うこと、アクションシステムの形成、などである。また、一回一回の面接にも目的や目標がある。ソーシャルワーカーは、目的を理解し、意識し、面接を焦点化する必要がある。
     相談援助の面接は、徹底してクライエントの利益のためのものであり、初めから援助者、被援助者という子となった役割が明確にあり、一般的な社交的儀礼とは違う方法やパターンを持ち時間的、空間的限定を持つことが多い。また、クライエントの利益を最優先させるために、力や権威がソーシャルワーカーに与えられることもあり、ソーシャルワーカーは面接において、関心や責務を負う。これらの特性は、ソーシャルワーカーによって十分理解されていなければならない。
     ソーシャルワーカーが面接の展開の中で行うこと。
    傾聴・受容
    ワーカーの援助姿勢及び専門性の提示
    状況把握のための質問
    クライエントの抱く疑問への..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。