地域社会に対するニーズ把握から支援計画までのプロセスについて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数325
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「地域社会に対するニーズ把握から支援計画までのプロセスについて述べよ。」
     社会福祉とは、日本国憲法第25条の「基本的人権である生存権の保障」の理念を具体化した制度・政策の総称である。しかし、制度政策が充実していても、人間の幸福や生存権を保証するわけではない。社会福祉制度・政策を有効に機能させる専門的援助かる同があって、制度・政策が意味を持つ。
     つまり、一人ひとりの人間の基本的人権を守るためには、社会福祉制度・政策による保証とともに、一人一人の人間の自立を支援するための専門的知識や、援助技術が必要である。
    社会福祉援助活動とは、社会福祉制度の体系の中で社会福祉サービスの提供を通じ、個人が豊かな社会的生活が送れるように援助することである。個人の生きがいや生活の張りを失わせることなく、よりよい社会福祉援助がなされるためには、法制度や社会資源を整備・拡充することが求められる。
    かつて、日本が経済的・物質的に恵まれていなかった時代では、社会福祉は、社会的弱者を対象としていた。しかし、戦後高度経済成長を果たすと、物質的にもゆとりができ、人口の少子高齢化などによる社会構造の変化、生活様式や生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。