ソーシャルワークの形成過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数311
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ソーシャルワークの形成過程について述べよ。」
    ソーシャルワークが組織的に展開される以前は、最初に支援の手を差し伸べたのは宗教的な価値観に突き動かされた人々であった。「慈善とは神の正義と一体」とされ、当時のヘブライ人は神の正義に基づいて隣人を愛することが神を愛することにつながるとしていた。教区の慈善活動は、貧困者の扶養、寡婦、高齢者、遺孤児、病人の保護、死者の埋葬、奴隷の克服の推進などを行っていた。
     ヨーロッパではキリスト教が慈善活動の源流となる活動を始めたが、日本では仏教がその役割を果たした。聖徳太子は日本における救済思想の原点とされ、604年に「和をもって貴しとなす」で知られる憲法17条が制定された。
    591年には、四天王寺に四箇院が設置され、現在の福祉医療施設の原型を見ることができる。
    イギリスでは、社会変動に伴い多くの民衆は困窮し、中世的な慈善による救済では対応しきれなくなった。1601年のエリザベス救貧法では、貧民が救済されるのではなく、労働の義務を負わされ、命令し違反すると、犯罪者として刑罰の対象となった。
    1800年代に入ると、産業革命を経験する。様々な工業が変化し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。