S0101教育原論 第一設題 ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数516
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポートの評価は第一設題、第二設題共にAをもらうことが出来ました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0101 教育原論 第1設題
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    はじめに
    ペスタロッチーの教授法が日本で最初に注目されたのは明治初期の時代であった。その後さまざまな教授法が紹介されるにつれて明治20年代に入ったころにはペスタロッチーの教授法はあまり注目されることはなくなったが、ペスタロッチーは明治後半からは「教育者の精神」として取り上げられるようになった。これは教員の増加にともないその質が落ちるとされたからである。現在の日本においても教員の質については再び注目が集まり様々な議論がなされている。ペスタロッチーが提唱した教授法がどのようなものであったのかを見ていくことで彼の教育観を理解していきたい。
    ペスタロッチーとは
    ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチーは、1746年スイスのチューリッヒで生まれた。外科医であった父はペスタロッチーが5歳の時死去する。それ以来、母スザンナと家政婦バーベリーによって育てられることになる。幼年期に女性によって育てられたという経験は彼が教育における女性の重要性を説いたことに影響している。また、牧師であった父方の祖父アンドレアスが貧しい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。