S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等)科目最終試験6設題解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数463
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問1 いじめの構造とその特質についてまとめ、具体的な指導方法を述べよ。(説明できるようにしてください)98、196
    いじめの構造としては、実際に手を下す数人の他に、その行為を無視したり、みてみないふりをしたり、中にははやし立てたり、いじめに加わるものもいたりといった多数の「観衆」と「傍観者」でいじめが成立している。この多数の傍観者たちはいじめの行為を見て「助けてあげたい」といった気持ちを持っている。しかし「いじめを止めたら次に自分がターゲットになってしまうのではないか」という不安から、いじめを止めるものが現れずいじめが長期化していく。いじめが長期化すれば行為そのものも過激で悪質なものになり悪循環が止まらなくなる。
    現在のいじめは単独では行われず「集団による弱者いじめ」が特徴的であり、みんなでよってたかってある特定の子どもをいじめる傾向にある。これに関連していじめの大半は教室の中で生じる。この特質によって傍観者の数が増えてしまい、なかなかいじめがおさまらなくなるとされる。
    いじめが起こる根本的な原因としていじめる側の鬱積されたストレス発散のためややつあたりといった気分に左右されている。い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。