S0714教育実習研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数380
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習をするにあたって留意すべきことを述べよ。
    はじめに
    教育実習では自己の教員としての資質を問うだけではない。実際教員として採用されればトレーニングの期間なしで教壇に立つことになり即戦力としての力を問われることになる。そのため教育実習のこの限られた期間を最大限有効に使い大学で学んだ理論と教育実習での実践を自身の中で統合し、深めていく姿勢を持つことが必要である。
    1. 児童観
    児童観とは、クラスの児童・生徒の授業毎の実態、理解力、心情、雰囲気を把握しておくことである。知る手掛かりとしては、一人一人の児童の授業中の態度に注目することがある。児童の姿勢(身体の対称、非対称、上体の前傾、後傾、頭の上げ下げによって授業中の興味関心を理解する方法やまた自信があるかないか、やる気があるかないか、疲れているか、気分的な充実度等を見る)、表情・しぐさをよく観察しておくこと。   
    また、休み時間に児童と遊ぶことで人間関係、個性(元気、緊張しやすい、感受性が豊か等)、興味・関心(流行のキャラクター、好きなスポーツ、芸能人、趣味)を把握することも必要である。この観察から授業毎に、どんな子が多いのか、何が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。