S0534 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数202
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    現在、不登校が毎年増加していることや、いじめによる自殺、暴力事件、学級崩壊など子どもたちの学校における不適応行動が深刻化している。この事態が起こる要因として、他人との関わりを不得意とする子どもの増加、親子関係の希薄さ、教員による生徒理解の不足などが挙げられる。またこの要因によって教員が児童・生徒に熱心にかかわっても信頼関係が思うように築けないこと、突然切れる児童・生徒の心が理解できないといったことにも結びつき教員と児童・生徒間での問題解決が困難になってきている。この教育的諸問題に対して、個々の子どもたちを理解し、個性を尊重しながら教育を行っていくために、より深い子供たちの心の理解が必要になった。これらのことを受けて学校は小学校・中学校・高校を通じて児童・生徒に適切な指導・援助を行い健やかな成長を促すためのかかわりの一つとして学校カウンセリングの充実を推し進めるようになった。
    学校カウンセリングを単純に捉えると「学校で行われるカウンセリング」という意味である。学校カウンセリングには①教師カウンセリング(教師が行うカウンセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。