S0532生徒指導・進路指導の研究(初等)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数542
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談をおこなう場合どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。
    現在、児童・生徒、学校が抱える課題は多種多様である。例えばいじめ、不登校、学級崩壊、児童虐待、自殺、校内暴力、特別支援教育、携帯電話等に関する問題など挙げればきりがない。これらは急激な社会変化に起因する人々の生活様式・価値観の多様化、社会の複雑化、学校の閉鎖的な体質と多様性に富む現代社会の間で摩擦が生じていること、指導力不足・生徒理解への意識が欠ける教員の増加などの原因が挙げられる。そのため学校ではカウンセラーを配置することで生徒理解を深めていく解決策が取られたが、学校・教員の生徒理解・カウンセラーとの連携が不十分であり児童・生徒の抱える諸問題を軽視した対応が依然として改善されず生徒一人一人が抱える課題を学校全体の問題として捉え相互に協力する段階には至らなかった。そのためカウンセラーだけが問題解決に勤しむのではなく教師との連携を図るためカウンセリング・マインドを持った教師の育成が進められるようになった。カウンセリング・マインドとは何かというと「学校教育現場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。