S0106教育社会学第一設題 学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数496
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    リポート作成にあたり教科書P33~54を参考にしました。
    学歴社会の意味するところ
    まずはじめに学歴社会とは何かというと、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味するとある。学歴が配分の基準として考えられるということであるが、つまり「低学歴社会だが学歴社会」という社会もありうるし、「高学歴社会だが非学歴社会」という社会もありうると捉えることができる。学歴社会という言葉が表すものには、単なる「教育を重視する社会」と言う見方以外にも意味があることを知っておかなければならない。「教育を重視する社会が学歴社会」であるならば学歴社会ではない社会などこの世界に存在しないことになる。先進国、発展途上国を問わずに教育の充実は今や世界中の各国家、社会の最重要課題のひとつに挙げられているからである。
    学歴そのものはどのように評価されているか
    これまで日本では「学歴社会」という言葉に良いイメージをもってはいなかった。「受験地獄」や「偏差値輪切り体制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。