S0105教育心理学 第一設題 象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数828
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    はじめに
    知識活用につながる「確かな学力」を育成するために発達段階に応じた学習指導を行うことは今の教育において大切にされていることである。象徴機能の役割について考えるとともにそれを促進する方法を考えていく。
    児童期に至るまでの認知発達の段階
    人の発達段階を認知構造の変化を規準にしてあらわしたピアジェによると、乳児期(0~2歳ごろまで)の感覚運動的発達段階と幼児期から低学年期(2~7歳ごろ)の前操作的思考段階(象徴的思考・直観的思考)とそれ以降の操作的思考段階(具体的操作・形式的操作)に大きく分けることが出来る。
    ピアジェによると乳児期では、主体的な感覚運動を通して自分の内側に周囲の物事を取り入れ(同化)また自分の内面を周囲に適合させていく(調節)という知的機能を展開していくという。乳児は物を触ったりしゃぶったりすることによって外界を認識・理解しようとする。そしてこのような経験を繰り返すことで物が見えなくとも触れてみることや音を聞くことが出来なくても存在し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。