S0104教育方法学 第一設題 OECDが行っている生徒の学習到達度調査(PISA)で求められている能力を高める授業と評価の方法について、教えることを中心とした場合と、学習することを中心とした場合の設計手続きの違いを踏まえ、それぞれの場合における学習指導設計および評価方法を提案しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数6,865
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    OECDが行っている生徒の学習到達度調査(PISA)で求められている能力を高める授業と評価の方法について、教えることを中心とした場合と、学習することを中心とした場合の設計手続きの違いを踏まえ、それぞれの場合における学習指導設計および評価方法を提案しなさい。
    まずPISAとはOECD(経済協力開発機構)による国際的な生徒の学習到達度調査のことをいう。Programme for International Student Assessmentの頭文字をとってPISAと呼ばれている。OECD加盟国で義務教育の終了段階にある15歳の生徒を対象に読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシー、問題解決を調査するものであり国際比較により教育方法を改善し標準化する観点から、生徒の成績を研究することを目的としている。PISAが問う能力の特徴としては特定の学校カリキュラムをどれだけ習得しているかをみるものではなく知識や技能を、実生活の様々な場面でどれだけ活用できるかをみるものであり、思考プロセスの習得、概念の理解、及び各分野の様々な状況でそれらを生かす力を重視している。
    ではこのPISAが注目を集めてる理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。