m-y 教育方法学2単位目

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数222
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <2単位目>
    1、教材研究と学習指導案の関係とそれぞれの役割について、検討しなさい。

    2、次の事項について、それぞれ調べなさい。
     ⑴絶対評価 ⑵生きる力 ⑶生活綴方

    <講評>
    1.文意を捉えているでしょう。
    再度,テキスト・参考書などで目を通してみてください。

    2.各事項とも調べてあり,要約も充実しています。

    <参考資料>
    「教育方法の理論と実践」
    小川哲生・菱山覚一郎著
    (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <2単位目>
    1、教材研究と学習指導案の関係とそれぞれの役割について、検討しなさい。
    2、次の事項について、それぞれ調べなさい。
     ⑴絶対評価 ⑵生きる力 ⑶生活綴方
    1 教材研究と学習指導案は密接に関連していて、学習指導案の作成は教材研究の一項目に含まれる。つまり、教育の成功は,両者を深く追求していくことである。以下に両者の必要性やその関係性について論じていく。
     教材研究とは,資料を集め教材を探し、学習者の環境や発達段階に応じて授業を考えることである。そのため,教科の目標の明確化や教材の意義、子どもの実態の把握、評価の在り方などの幅広い視野が求められる。また,授業時数という制約があるなかで教材の選択・精選と教材解釈という教材研究を進めていくことは必須であり、どのような子供達を相手に何を目的としどのようなアプローチをとっていくのか、そのような目標を考慮しつつ、効率的・効果的に学校教育はなされなければならない。それが授業の質を大きく左右する。
     一方、学習指導案とは,時間の流れに即した授業展開を構想する計画案のことをいう。これは,教師が授業の構想を具体化することにある。授業展開に明確な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。