初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 4単位目 明星大学 合格レポート(優)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,455
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <課題>
    1.学校経営についての近年の動向のうち,自分の関心のある動向の要点をまとめ,見解を述べよ。

    2.家庭教育の現状,問題点について考察せよ。


    <講評>
    学校経営の近年の動向や子どもを取り巻く環境の変化について,よく検証されています。


    <参考資料>
    「現代教育改革に立つ教育の原理」明星大学教育原理研究会編(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校経営についての動向のうち、コミュニティ・スクールの動向について述べたい。
    コミュニティ・スクールは、教育行財政部会の平成16年答申「今後の学校管理運営の在り方について」のうちの「地域が運営に参画する新しいタイプの公立学校運営の在り方」に関して、コミュニティ・スクールの制度化の基本的な考え方が提言された。これにより、地域が運営に参画する新しいタイプの公立学校構想としてのコミュニティ・スクールを位置付けた。
    また、コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)は、文部科学省によれば「地域の公立学校の運営に保護者、地域の皆さんの声を生かす仕組み」であるとしている。
    さらに コミュニティ・スクールには、保護者や地域住民などから構成される「学校運営協議会」が設けられ、「学校運営協議会が学校運営の基本方針を承認したり、教育活動などについて意見を述べたりすることを通じて、保護者、地域の皆さんの意見を学校運営に反映させる」ことができるとしている。そして、「学校運営協議会」は同年の「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正により、設置が認められるようになった。
    くわえて、学校運営協議会は、学校の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。