SO106,教育社会学 A評価レポート、第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数271
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学、A判定。「学歴社会とは何か」について、テキストに沿ってしっかりと定義されています。また、学歴社会の現状と問題も正確に考察できています。という所見をいただきました。参考にしてください。
    2013年度シラバスに沿ったレポートです。第一設題「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    学歴社会とは、社会における社会的、職業的地位などの配分の基準として考えられるものである。学歴社会は、教育を重視する社会ではなく、教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会のなかに教育にある。
    明治初期の国家目標の達成のためには、幅広い分野で相当数のリーダーが必要とされ、リーダーに求められる知識、技術の水準は絶えず向上していくために、人材養成・登用のシステムが必要となりそれを満たすと当時考えられたのが、学歴社会であった。学校という場に広い諸階層の子どもを集めて、一定のルールに基づき子どもを競わせて、それに応じて社会的、職業的地位を割り振るのだ。
    学歴社会は、近代日本をそれなりに支えてきたメカニズムだったのである。
     学歴はどのように評価されるのか。次の5つのパターンに分類される。
    ①漠然とした社会的評価では、大企業への就職率、偏差値、国家公務員試験合格者数、司法試験、公認会計士、医師などの国家試験合格者数、大企業社長輩出率などによってはかられるものである。
    ②学生の社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。