S0101  教育原論第1説題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数117
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経済子ども学校女性社会道徳教育学発達政治

    代表キーワード

    S0101経済

    資料紹介

    A評価いただきました。ぜひご参考に。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチーは1746年スイス・チューリッヒで生まれる。父親は外科医、母親は地方出身のスザンナで、兄弟は兄と妹。ペスタロッチーが5歳の時に父親が亡くなったため、一家は年金生活を余儀なくされたが母親スザンナとお手伝いバーベリの全身全霊の献身によって、育てられる。このように幼年期に女性によって育てられたことは、後年教育における女性の重要性を説いたことに影響している。
    ペスタロッチーは大学へと進み、牧師であった祖父が貧しい人々の救済のために働いているのを見た影響もありコレギウム・カロリヌーム(現在でいうチューリッヒ大学)で神学を学び、その後、宗教ではなく法学が貧民救済には重要と悟り、その道を志しました。ペスタロッチーは大学に在籍中に優秀な先生方に出会い、ブライティンガーやボートマーがそうだが、特にボートマーの影響を受けて入った「ゲルヴェ・ヘルヴェーチア協会」で、ペスタロッチーは当時話題だったルソーの自然主義思想に触れ、社会を良くしたいと考えるようになる。そして、愛国心と政治改革に目覚め「愛国者団」という団体に所属し、政治活動を始め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。