S0106  教育社会学第2説題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数108
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価いただきました。ぜひ、ご参照に。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学歴がどのような関わりをもつのかについて述べてください。
    学力低下自体は昔からさまざまな形で繰り返し議論されてきたことであり、目新しいことこではない。しかし、具体的な国際比較でデータでの比較が示されたのと同時に直接的な議論のきっかけになっており、例えば、OECD加盟国を中心に3年ごとに実施されるPISA (学習到達度調査)で、2003年にはいわゆる「PISAショック」が広がったことにより、マスメディアにて盛んに「ゆとり教育により学力が低下してしまった」と報道され、学力低下の原因として「ゆとり教育」が挙げられているが、一概にそうであると決め付けることもできず、もちろん、「ゆとり教育」が原因のひとつであることは間違いないが、国家・社会の力、国際的地位を重視する側にも、児童・生徒の立場を重視する側にも、昨今の「ゆとり教育」を歓迎する向きも少なからずある。しかし、PISAにおいてフィンランドは、授業時間は日本より少なく、週休二日制であることから、「ゆとり教育」が学力低下を引き起こしている根本的な原因であるとは言えないのである。しかし、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。