玉川 コンピュータ レポート課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数209
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    玉川通信数学コンピュータ2分冊

    代表キーワード

    数学

    資料紹介

    合格はもらっていますので参考にしてください。
    また、質問があればメッセージもください。値段の交渉も受け付けています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題>
    (1) ユークリッドの互除法により、2つの正の整数a,bの最大公約数を求めるプログラムを次の指示に従って作成せよ。
     (a) 割り算の余りを求める関数MOD(a,b)を使う方法
    100 INPUT PROMPT "A=":a
    110 INPUT PROMPT "B=":b
    120 DO
    130 LET r=MOD(a,b)
    140 IF r=0 THEN EXIT DO
    150 LET a=b
    160 LET b=r
    170 LOOP
    180 PRINT b
    190 END
    (b) 四則演算として引き算のみを使用する方法
    100 INPUT PROMPT "A=":a
    110 INPUT PROMPT "B=":b
    120 DO
    130 IF a<b THEN GO TO 160
    140 LET a=a-b
    150 IF a=0 THEN EXIT DO
    160 IF a<b THEN
    LET r=a
    LET a=b
    LET b=r
    END IF
    170 LOOP
    180 PRINT b
    190 END
    (2) 次のプログラムは3つの正の整数の最大公約数と最小公倍数を求め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。