精神看護 第2課題 第1設題 聖徳

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数382
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神看護 第2課題 第1設題 聖徳
    【第2課題 第1設題】
    学校における精神保健上の問題点とその援助の方向性について述べなさい。
    【参考文献】
    精神看護学Ⅰ  吉松和哉・小泉典章・川野雅資  ヌーヴェルヒロカワ
    養護教諭の行う健康相談~第10版~  大谷尚子・森田光子  東山書房
    子どものメンタルヘルスの理解とその対応  日本学校薬剤師会  日本学校保健会
    【評価】A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    今日、学校における児童・生徒の心の健康問題は極めて重要な課題であり、その対応の必要性が注目されるようになってきた。学童期前半では、事物への興味や関心が高まり、変化が多い時期であり、不登校やいじめ問題が発覚されやすい。学童期後半になると、精神病、非行問題などが起こり始める時期で学校保健を中心とした早期の対応が必要となる。思春期は、子どもと大人の部分が混在する時期といえる。この時期は、心身ともに成長が著しく、輝かしい反面、バランスを失い不適応状態を引き起こしやすく、様々な精神障害の好発年齢となっているため、発達学や精神保健の見地からも重要な時期である。思春期の問題行動は、いじめ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。