社会福祉学Ⅱ 第2課題 第2設題 聖徳

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数464
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉学Ⅱ 第2課題  聖徳
    テキスト教材以外の社会福祉関係の著作・論文を読み、それを明示し、次のいずれかの設題に答えよ。

    第2設題
    要介護高齢者を自宅で放置している成人した子に対して、行政はどのような方法で、社会福祉サービスを供給できるだろうか?またこの子に対してどのような方法で何を要求できるだろうか?論ぜよ。

    【参考文献】
    現代社会と福祉  社会福祉士養成講座編集委員会  中央法規
    社会福祉の原理と思想  岩田正美・武川正吾・永岡正巳・平岡公一  有斐閣
    わがj国の高齢者虐待研究における「虐待」の定義と今後の課題:文献的考察  筒井孝子・東野定律  論文
    在宅介護での高齢者虐待について  中島沙世芳  論文
    厚生労働省ホームページ「「高齢者虐待防止の基本

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第2設題
    平成17年、「高齢者虐待防止法」が国会の議員立法で可決、成立し翌18年から施行された。これにより、高齢者虐待防止を目的とした関係機関との連携強化、体制整備、通報義務、啓発活動などが行政に義務付けられるようになった。また、このような高齢者虐待は、介護と密接な関係があり、家庭環境や人間関係が大きな影響となっているため、高齢者の保護のほか、養護者の支援も合わせて行うことが加えられた。そして、各区市町村にその中心的な対応機関を置き、適切な対応策を講じていくことが求められることとなった。
    まず、高齢者虐待を発見した者は、区市町村への通報義務が国民には課せられている。そのため、受け皿となるべく区市町村には、相談・届出窓口の設置、関係機関の連携など、体制の整備が求められている。区市町村は、被虐待
     (1)
    者に生命または身体に重大な危険が生じている恐れがあると認めるときは、立入調査を行うことができ、必要に応じて地域の警察署長に援助を求めることができる。そして、高齢者を保護するための居室を確保するために、何らかの措置を講ずることができる。また、区市町村長や高齢者を保護している施設長..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。