地域福祉論 第2課題 第1設題 聖徳

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数971
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉論Ⅰ 第2課題 第1設題 聖徳
    《課題名》
    コミュニティワークの歴史的経緯を踏まえたうえで、コミュニティワークの原則について論じなさい。
    《評価》A
    《参考文献》
    地域福祉の理論と方法  著者:坪井 真  出版社:みらい 
    地域福祉論Ⅰ  聖徳大学通信教育部教材
    社会福祉の原理と思想  著者:岩田 正美・武川 正吾・永岡 正巳・平岡 公一著者   出版社:有斐閣

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    地域援助技術(コミュニティワーク)は、住民のニーズに応えて課題を解決し、社会福祉の増進のために住民や公私の機関・団体との連携や組織化、地域社会のニーズの把握、社会資源の開発、社会福祉計画の立案や運営管理を通じ、社会福祉的な地域社会づくりを目指した援助技術である。また、コミュニティワークは間接援助技術の中心であり、地域診断、社会サービスの開発、地域組織のコーディネート、各機関や組織との連絡や調整などに用いられ、通常は地域社会の中で、地域社会に共通する福祉ニーズや課題の解決のために、住民組織や専門機関などの活動をソーシャルワーカーが専門的に援助する技術である、と定義されている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。