地域福祉論Ⅰ 第1課題 第1設題 聖徳

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数400
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉論Ⅰ 第1課題 第1設題 聖徳
    《課題名》
    地域福祉における機能的アプローチ・構造的アプローチについてまとめ、それぞれの基本的な考え方を論じなさい。
    《評価》A
    《参考文献》
    地域福祉の理論と方法  著者:坪井 真  出版社:みらい 
    地域福祉論Ⅰ  聖徳大学通信教育部教材
    社会福祉の原理と思想  著者:岩田 正美・武川 正吾・永岡 正巳・平岡 公一著者   出版社:有斐閣

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    「地域福祉」とは、全ての人々が地域において自立した生活が送れるよう、行政による制度的な福祉(フォーマルケア)と、NPOやボランティア団体等の市民組織による福祉(インフォーマルケア)が有機的に結合して、展開されることである。その際、多様な分野にわたる地域福祉の概念をとらえていくアプローチを、構造的アプローチと機能的アプローチとして整理している。
    構造的アプローチとは、地域福祉を政策としてとらえたものであり、制度政策論と運動論の立場から、「政策制度的アプローチ」、「運動論的アプローチ」に分類される。制度政策論的アプローチは、右田紀久恵、井岡勉らによって提唱された。このアプローチ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。