栄養学 第2課題 第1設題 聖徳

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数286
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    栄養学成長栄養病気

    代表キーワード

    栄養学

    資料紹介

    栄養学 聖徳 第2課題 第1設題
    《課題》次の2問とも答えてください。(本文の書き始めに①②を明記してください。)
    ①成長にともなう栄養について述べよ。
    ②病気と栄養の関係について述べよ。
    《参考文献》
    栄養の基本がわかる図解事典:中村丁次(成美堂出版)
    最新食品学~総論・各論~:渡辺忠雄・榎本則行・竜口和恵(講談社)
    《評価》A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    成長にともなう栄養について述べよ。
    人生の中で最も栄養を必要とするのは成長期だといわれている。また、必要とされる栄養素の量が増大しているため、欠乏症にもなりやすいともいわれている。子どもの栄養不足は成長や発育に障害が出るとともに、抵抗力も低下する。また、子どもたちは解毒のメカニズムが十分に発達していないため、汚染物質や毒素、食品添加物などにも敏感に反応してしまう。昨今増加している、アレルギー、注意欠陥多動性障害、自閉症、生活習慣病には、栄養素のアンバランスが関わっている可能性があるとの報告もでている。では、どの時期に、どのような栄養素が必要とされているのか、具体的に述べていく。
    1,乳児期
    乳児期の栄養源は母乳であり、成長に必要な各種栄養
    (1)
    成分が、消化・吸収しやすい形で含まれている。生後5~6か月になると、母乳だけでは栄養不足となるため離乳食を開始する。離乳食後期になると鉄が不足しやすいため、赤身の魚や肉、レバーなどを積極的に摂り入れるなど、栄養バランスを整えることが大切となる。
    2,幼児期
    幼児期に入っても消化機能や咀嚼力が未熟であるため、胃腸に負担がかか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。