公的扶助論 第1課題 第1設題 聖徳

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数366
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【第1課題 第1設題】生活保護法の基本原理と、生活保護法実施の4原則について説明してください。
    【参考文献】 
    低所得者に対する支援と生活保護制度~公的扶助論~  社会福祉士養成講座編集委員会著
    公的扶助論  聖徳大学
    ニッポン貧困最前線~ケースワーカーと呼ばれる人々~  久田 恵著
    社会福祉六法  ミネルヴァ書房編集部
    【評価】:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    生活保護法は、日本国憲法第25条の理念に基づき、生活に困窮する全ての国民に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする、公的扶助の最も基本的な制度である。生活保護法は、4つの基本原理を軸に4原則が規定されている。以下で詳しく述べていく。【生活保護法の基本原理】
    ①国家責任による最低生活保障の原理(国家責任の原理)(生活保護法第1条)
    生活に困窮する国民の最低生活保障を国がその責任において行うことを規定したものである。また、単に生活に困窮する国民の最低限度の生活を保障するだけでなく、保護を受け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。