社会福祉学Ⅰ 聖徳 第2課題 選択番号:5

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数370
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第2課題:以下の著作のいずれかを読み、全部あるいは3分の1を要約し、それに対する自らの意見を述べよ。
    選択番号:5:ニッポン貧困最前線、久田恵
    【参考文献】ニッポン貧困最前線~ケースワーカーと呼ばれる人々~  久田恵
    社会福祉六法  2012  野崎 和義
    現代社会と福祉  社会福祉士養成講座編集委員会著
    【評価】:S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    本書の導入では、生活保護を担当するケースワーカー達が、受給者を侮蔑するような川柳を作っていたことが問題となった話が紹介されている。「ケースの死 笑い飛ばして後始末」「母子家庭 見知らぬ男が留守番す」など、唖然とさせられる内容であった。当然、福祉事務所はマスコミからの激しい批判にさらされる。しかし、著者は、福祉事務所の職員達の仕事を見る中で、そんな川柳の一つも詠みたくなるような現状、マスコミで大々的に報道される事件の裏にある「真実」を説き明かしている。
    第一部では、アルコール依存症の対象者を抱えるケースワーカーを中心に、K福祉事務所の日常、人間模様、福祉の矛盾などが描かれてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。