社会保障論Ⅰ 第2課題 第1設題 聖徳

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数371
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【第2改題 第1設題】:日本の年金制度を国民年金、厚生年金、共済年金の3つに分け、わかりやすく説明してください。
    【参考文献】:社会保障  中央法規  荘村 明彦著
    社会保障Ⅰ・Ⅱ  聖徳大学学習指導書
    【評価】:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    労働収入が得られなくなる高齢期に一定の所得と生活の安定を図る目的で国民年金は全国民に共通の基礎年金となった。さらに人がよりよく生きるために、厚生年金や共済年金は上乗せされる2段建て年金となった。
    受給資格期間が25年以上にあたる者に65歳から支給される年金を老齢基礎年金と言う。高齢期に在職者であっても全額が支給されるシステムとなっている。
    障害等級1級または2級者の基礎年金は障害基礎年金、子のある妻または子に支給される年金を遺族基礎年金と言う。さらに、自営業者のみを対象とした独自給付には付加年金、寡婦年金、死亡一時金の3種類がある。付加年金は、基礎年金に上乗せされる任意加入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。