社会保障論Ⅰ 第1課題 第1設題 聖徳

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数388
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【第1改題 第1設題】:日本の社会保障制度を社会保障、公的扶助、社会福祉の3つに分け、わかりやすく説明してください。
    【参考文献】:社会保障  中央法規  荘村 明彦著
    社会保障Ⅰ・Ⅱ  聖徳大学学習指導書
    【評価】:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    従来、社会保障制度は「公的扶助」「社会保険」「社会福祉」「公衆衛生」「老人保健制度」の5区分に区分されていたが、近年は様々な制度が創設され、その役割や機能も多様化していることから、仕組みと各制度の役割や機能に着目して整理する方法が採用されている。
    国民が生活上の困難に直面したとき、国の生活を保障する制度を社会保障制度という。社会保障制度は保険料財源の社会保険と、租税財源の社会扶助に分類される。
    社会保険では年金保険が代表であり、高齢期に生活の安定を図る目的で現金給付を受けることができる。全ての国民に支給される国民年金、保険料を毎月納めている会社勤めの人が対象の厚生年金、公務..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。