教育社会学Ⅰ 聖徳 第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数239
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題:「教職が直面する今日的課題」について①世界の各国と比べて、②わが国の過去と比べて、③教職以外の他の職業と比べて、という三つの比較的視点から考察しなさい。
    【参考文献】
    教育と社会  陣内 靖彦・穂坂 明徳・木村 敬子  学文社
    【評価】:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    心の健康問題を抱える教職員数は、増加傾向にある。文部科学省の教職員の病気休職についての調査では、2009年には8,600人を超え、10年前と比べると約3倍の値を示している。中でも精神疾患による休職者は、全体の約6割を占め、大多数はうつ病である。中高年が全体の7割を占め、児童生徒の対応に直接あたる一般教諭が9割以上となっている。精神疾患を発症する原因として、「長時間労働」「職場での人間関係」「複雑化する児童への指導」「多様化する保護者からの要望への対応」「本人の家庭事情」などが考えられる。2005年に文部科学省が行った「教職員の健康調査」によると、持ち帰り仕事を行っている教職..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。