日本国憲法 聖徳 第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数262
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    天皇の機能について説明しなさい。
    【参考文献】
    憲法要説   斎藤 静敬  成文堂 
    日本国憲法  聖徳大学通信教育部
    更正保護制度  森 長秀  弘文堂
    【評価】:S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    天皇の権能は、明治憲法下と現行憲法下とでは大きく異なる。大日本帝国憲法(明治憲法)は、神権主義的な君主制の色彩が極めて強い憲法であった。まず、主権が天皇に存することを基本原理とし、この天皇の地位は天皇の祖先である神の意思に基づくものとされた。「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス天皇」(大日本帝国憲法第1条)はこの天皇主権の原理を明示したものである。また、天皇が国家の統治権の総攬者であることを意味しており、この憲法はその天皇による統治を確認するために制定されたものであった。さらに、天皇は、「国ノ元首ニシテ統治権を総覧」(4条)する者、すなわち、立法・司法・行政などすべての国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。