母性保健 聖徳 第2課題 第3設題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数340
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    母性保健 聖徳 第2課題 第3設題「性感染症を予防する為にはどのようにしたらよいか、学校における性教育を踏まえて説明しなさい」
    【参考文献】
    母子看護  著者:今関 節子   出版:医学書院
    性感染症~予防啓発マニュアル~  著者:財団法人性の健康医学財団 性感染症予防啓発マニュアル作成委員会  出版:独立行政法人福祉医療機関
    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第3設題
    性感染症の増加、若年層の望まない妊娠とそれに伴う人工妊娠中絶など、性に関する問題は今なお増加し、深刻な状況であると言える。このような社会背景の中で、学校教育における性教育の重要性はさらに高まっている。
    性感染症の予防は、セックスをしないのが1番の対処法である。しかし若者の性意識や性行動はきわめて多様である。そういう意味でノーセックスといかない若者は、感染予防に力を入れていくのも一つの手段だろう。
    性教育は個人的背景を含んだ、とてもデリケートな分野と言える。お互いの心境として、できれば避けたい話題となるかもしれない。しかし、避けることができない人間教育ではないだろうか。避妊に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。