精神保健 聖徳 第1課題 第1設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数347
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健 聖徳 第1課題 第1設題「PDD、ADHD、LDについてそれぞれの発達障害の日本語名を答えなさい。また、それぞれの特徴を明記し、さらにその特徴を踏まえ、周りの者はどのような関わりを心掛ければよいのか具体的に説明しなさい」
    【参考文献】
    精神保健  著者:岸井 勇雄・無藤 隆・紫崎 正行・内山 源  出版:同文書院
    発達心理学  著者:無藤 隆   出版:ミネルヴァ書房
    落ち着きのない子どもたち~多動症候群への理解と対応~  著者:石崎 朝世・湯波 英史・倉持 親優・武藤 英夫  出版:すずき出版
    多動な子どもたち~ADHDを正しく理解するために~  著者:石崎 朝世  出版:すずき出版
    評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    ADHDとは、注意欠陥多動性障害のことをいい、多動性、不注意、衝動性などの症状の有無や程度で診断される。注意の対象がころころと変わる反面、自分の好きなことには驚異的な集中と持続を示すことから、注意の仕方がアンバランスだといえる。その他にも、指示の聞き落としが多い、同じ仕事を最後までやり遂げない、質問が終わらない内に出し抜けに答えてしまう、集団活動に参加できない、忘れ物やなくし物が多い、融通がきかない、予定と違うと混乱する、などがあげられる。これらの症状より、周りからは、わがまま、乱暴、しつけ不足と評価されやすい。対応として大切なのは、褒めて育てることと、いかに興味付けをする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。