小児看護 聖徳 第1課題 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数390
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小児看護 聖徳 第1課題 第1設題「小児看護の特殊性と学童期の病気の影響について説明せよ」
    【参考文献】
    母子看護   著者:今関 節子・武谷 雄二   出版:医学書院
    母性看護 第2版 著者:看護国家編集委員会  出版:TECOM
    母性看護 第1版 
        著者:看護国家編集委員会  出版:株式会社T・M・S
    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     今回、小児看護の特殊性について4つに分類し、考察した。さらに、各期での特性を理解したうえで学童期について私なりの考えをここで述べていきたいと思う。
    1, 小児は絶えず成長・発達を続けている
     小児は大人の単なるミニチュアではない。人間としては未完成ではあれ、成長・発達の途上にあると考えられている。さらに、小児期はどんな状況でも発達し続けるたくましい力をもっており、たとえ病院で生活する状況下でも日々発達し続けていると言える。
    2, 小児は、健康・不健康を問わず年齢相応の支援が必要
     乳児期は乳汁栄養や母子関係、幼児期では第1反抗期や生活習慣の自立、情緒障害などが特性である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。