教職入門 聖徳 第2課題 第2設題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数234
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教職入門 聖徳 第2課題 第2設題「テキストの第2章・第4章・第7章を精読・理解して、各章の要旨をわかり易く要約すると共に、今後の教師のあり方にとって最も重要と思われることを1つ取り出してその重要性を論じなさい」
    【参考文献】
    これからの教師  著者:高倉 翔  出版:建昇社
    評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第2設題
     教育とは教え、育てることである。教師は物事を伝えるのと同時に、子どもを育てていく働きをもつ。教師は生徒に知識や刺激を与えるが、それはそれで終わりではなく、それらを通して彼らの未来をつくっていくことが教育活動といえる。教育は、子どもの成長というフィルターを通して間接的に関わっていくことを本質としている。だから教育は難しいといえるのだろう。
    現代の子供たちには生きる力が弱くなっていることが懸念されている。これは単に生き続ける力ではなく、自分で学ぶための材料を自分で探し、吸収していく力である。また、他人との交わりを極力避けるようになり、相手がどの程度で傷つくという閾値がわからな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。