教職入門 聖徳 第1課題 第1設題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数335
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教職入門 聖徳 第1課題 第1設題「テキストの第1章・第5章・第6章を精読・理解して、各章の要旨をわかり易く要約すると共に、今後の教員養成にとって最も重要と思われることを1つ取り出して、その重要性を論じなさい」
    【参考文献】
    これからの教師  著者:高倉 翔  出版:建昇社
    評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    日本の教師の原点は、師範タイプの教師像からであった。教師像は期待される理想の姿を意味し、その資質には「順良」「親愛」「威重」の三つがあるとされていた。戦後の教育改革で教育の民主化が進み、教師が専門職として求められるようになり、教師の資質能力は先天的な素質だけではなく、養成所・採用・現職研修の各段階を通じて生涯にわたり形成されるものとなった。
    これからの教師へ求められる資質は「生きる力」を育み、「得意分野」をもつ個性のある教師である。また、楽しさ、意欲、達成感、関心、わかりやすさ、などが考察された授業や教育活動を追及するマネジメント能力も問われる時代になってきた。さらに、効率..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。