教育方法学 聖徳 第2課題 第1設題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数464
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育方法学 聖徳 第2課題 第1設題「あなたは教育方法学の学習から、教職の専門性について、どのように理解できたか論述しなさい」
    【参考文献】
    教育方法学    著者:佐藤 学 出版:岩波書店
    教育方法学    聖徳大学通信教育部出版
    新しい時代の教職入門 著者:秋田 喜代美 出版:有斐閣
    評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    教師としての資質・専門性とは、教育愛や熱意に基づく基本的・人間的資質、児童・生徒の指導に直接関わる実践的資質及び学級経営などにおける経営能力などがあげられる。また、校内・地域における連絡・調整能力、保護者、専門家、関係機関との連絡・調整などを適切に行う能力も注目されている。この点を踏まえ、私が考える教育現場での「専門性」として、1, 資質能力の向上、2,専門性の向上に向けた研修・研究の充実、3,外部専門家の導入と活用、以上3点をあげ、考えていきたいと思う。
    1,資質能力の向上
    教師の資質能力の向上は、普遍的な課題である。教師という職業自体が社会的に高い人格・識見を求められる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。