教育方法学 聖徳 第1課題 第1設題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数331
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育方法学 聖徳 第1課題 第1設題「教職を希望するものにとって、教育方法学の理論と実践はどのように役立つと考えるか論述しなさい」
    【参考文献】
    教育方法学    著者:佐藤 学 出版:岩波書店
    教育方法学    聖徳大学通信教育部出版
    評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    教育方法に関する研究や理論は、「授業」「学習」「カリキュラム」「教師」「教室経営」、さらに近年では「情報メディア教育」などの領域から構成されており、教育現場で直面するさまざまな課題を研究する、包括的な学問である。その教育方法学において特に注目される点は、教育心理学、教育社会学、教育政治(行政)学、教育哲学、教育史学、教育人類学などとは異なり、心理学、社会学、法学、政治学、哲学、歴史学、文化人類学などの親学問を必ずしも特定しない点である。
    すべての教育活動は教育方法学の理論を元に実践されており、深い関係性をもつ。つまり、教育目標を効果的に達成しようとするための教育理論一般を意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。