教育基礎論 第1課題 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数217
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育基礎論 聖徳 第1課題 第1設題
    「学習指導要領」のテーマⅠ~Ⅴに記載されている「学習課題の中から、1課題を選び、リポートを作成すること。
    テーマⅣの学習課題の2を選択。「教科指導と教科経営の違いはどこにあるか」
    【参考資料】
    学校の経営の基礎・基本  
               著者:牧 昌見 出版:教育開発研究所
    教育基礎論(学校教育学) 
               著者:牧 昌見 出版聖徳大学通信教育部
    これからの教師 著者:高倉 翔・加藤 章・谷川 影英
    評価:A 
    コメント:学校の教育上の果たす役割について概ね理解できています。学校マネージメントの考えたかが更に導入することが大切でしょう

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    学校の教育実践は、それが果たす機能の差異によって教科指導および生活指導の二つの教育形態を区別することができる。そのうち教科指導は、科学・技術・芸術といった文化的価値体系の基礎を系統的に教授し、これを通して子どもの学力を形成することを主たる機能とするものであり、それの展開される領域が教科教育、つまり授業である。つまり、教科書を主たる材料として精選した内容を指導計画に結実させ、これを活用して実際の授業を展開することである。
    しかし、教科指導は学力形成だけを、教科外における生活指導は人格形成だけをねらいとするものではない。「学力と人格形成のプログラム」とも言うべき学校の教育課程の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。