教育課程論 聖徳 第2課題 第1設題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数367
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育課程論 聖徳 第2課題 第1設題「学習指導要領に記載されている[演習例題]のなかから一つを選んでレポートしてください」
    第Ⅰ章の(3)「カリキュラムと教育課程の違うところと重なるところを説明せよ」を選択。
    【参考文献】
    教育課程論 聖徳大学通信教育部出版
    小学校学習指導要領解説 ~特別活動編~ 
                   著者:文部科学省 出版:東洋館出版社
    【参考資料】
    文部科学省ホームページ  ~国際教育協力~
    評価:A
    コメント:文句なしのA。カリキュラムは学校業界でもジャーナリズムでもバンバン混合して使っていますが、一度ここで立ち止まって研究が必要でしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    第Ⅰ章、(3)、「カリキュラムと教育課程の違うところと重なるところを説明せよ」のテーマに沿って、以下へ、レポートする。
    教育課程は教育基本法や学校教育法をはじめとする法令に規定されている厳密な教育行政用語であるのに対し、カリキュラムはそのような規定はなく、広い意味で使用されている。
    教育課程は、「学校教育の目的を達成するために、教育の内容を児童・生徒の発達に応じて、授業時間数との関連において総合的に組織した学校の指導計画である」と定義されている。教育の目的は、教育基本法第1条に、学校教育の目的は学校教育法第17条においてそれぞれ規定されているため、たとえ、教育計画にない独自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。